ケノンでいよいよひげ脱毛!-手順-

ではいよいよケノンの使い方について、ですが、実際にケノンを使う前には「前処理」とでも言いましょうか・・ ちょっとした注意事項 的なことなんですが、割と重要なので記載しておきます。

 ケノンを使う前の注意点.

処理をしようとする日の前は絶対に日焼けをしない事.(前4日間)
初めて使用する時は、手の甲や腕で 必ずパッチテストをして 水泡やただれ・やけど その他の反応症状が、テスト照射部位 もしくは周囲にないか、確認しておく事.
出来れば脱毛する部位(今回はひげ)の照射プランを立て、照射する範囲をあらかじめ設定して 同じ場所を重ねて照射しないように 安全で効率の良い脱毛を心がけるようにしましょう.
体調が優れない日はできるだけ見送りましょう.

では、いよいよ実践編です。

 ケノンでひげを脱毛する!

まずは、処理日の2日くらい前にいつも通り、ひげを綺麗に剃ります。
 ケノンのフラッシュは、だいたい1mm前後の毛によく反応するので、毛を剃った直後よりもしばらくおいて、伸び始めたくらいの時がちょうどいいようです。伸びるのが早い人は、もっと短時間でもOK。

では、照射当日。

《準備するもの》

○ ケノン.
○ 冷却ジェル.(冷凍庫などでキンキンに凍らしたものをできるだけたくさん)
○ 鏡.(なるべくおっきくて見やすい物/ケノン本体についているのでもOK)
○ “顔に書く” という抵抗がなければ 水性マーカー.
(照射し終わった部分をマークするため/2度打ち防止策)
○ ホクロなどがあれば それを保護するためのテープ.
ホクロにはメラニン色素が含まれているので、ヤケドする可能性があります。
○ サングラス.(ケノン付属)
○ 保湿クリーム & 美容液.(照射後の肌ケア)

【手順その1】 照射する部分の皮膚を冷却ジェルで感覚がなくなるくらいまで冷やします.

痛みを軽減させる措置なので、必ずやっておいた方がいいです。

【手順その2】 ケノン照射開始.

サングラスをかけて、いよいよ照射を開始します。
 ケノンに装着するカートリッジは好みによりますが、“ストロングカートリッジ” があれば、髭には抜群!もともとヒゲ専用に作られたカートリッジなので、剛毛には威力を発揮します。
照射レベルは、低いレベルから徐々に上げていきます。よく、低いレベルが全然大丈夫だと油断をして、一気に高いレベルで照射してしまう人がいるようですが、危険な行為ですのでやめましょう。

【手順その3】 クーリング.

だんだん回数を重ねてくると毛のメラニンが減ってくるので(毛が抜けてくる)痛みが薄れてくると思います。そうなると ワンショット打つたびに冷却ジェルで冷やすほどではなくなりますので、全体を打った後にまとめてクーリングするのがいいかと。
 もちろん 最終的なクーリングは毎回必要です・・ 皮膚を落ち着かせる働きがありますし、何より毛穴が引きしまります。

【手順その4】 保湿.

男性とはいえ 髭は顔の皮膚に生えています。顔の皮膚は非常にデリケートなので、照射後は必ずローションなどの保湿剤(あまり刺激の強くないもの)で皮膚を潤してあげましょう。
 
 
以上がケノンでヒゲ脱毛をする際の大まかな手順です。